2012年1月22日 (日)

消費税増税と社会保障の充実

どうも最近は「唖然」とする主張が目につくことが多くなってきています。

消費税増税の主張も「???」

「5%分は社会保障に使うため目的税化しますので、ご理解ください」っていうトーンなんですが、中をよく見てみると、従来以上に保障の充実に使いたいという意図が見え隠れしています。

もともと現行の制度がこのままでは成り立たないからその財源を、というのが趣旨だったはずですが、なんか、いわゆるバラマキ用の財源確保ではないかと疑わざるを得ない記述内容になっています。

特に気になるのが、「安定財源のない既存の社会保障費」分でトータル7兆円が見積もられていること。

これって、まさか「子供のための手当て」用じゃないですよね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

「身を削ることの意味」が解らない、が解らない

うちの購読紙はずっと日経です。

経済に関しては比較的まともと思ってましたが、今日のマーケット欄のコラム「大機小機」の内容は酷過ぎw(゚o゚)w

「増税前に先にできることがあるでしょう」という最近の世論のトーンに対して、「身を削れ論」に対する反対の立場で論陣を展開してるんですが、ロジックが無茶苦茶。

財政状況を抜本的に改善するために増税は不可避。それをサポートするための意図があるんでしょうが、もう少しまともな内容をかけないもんでしょうかね。

詳しくは記事を参照いただくとして、ポイントは

1)国会議員定数は国会で(つまり国民の総意で)決まっている。国会議員が自らの利益のために決めているのではないので、「身を削る」ことは増税の前提にならない。

2)公務員人件費は民間の給与水準に準じて決められているので、増税の前提にすることがおかしい。

3)「身を削る」ことで国民の理解が得られるのであれば、逆に国民の理解が得られるのであれば「身を削る」必要はない。

と、ロジック飛びまくりの、独りよがりの極論。

私も今の財政状況の悲惨さは理解しているつもりなんで、増税には反対しません。でも、その前に、

  1. 何にいくら使いたいのか?
  2. 今実際どれくらい足りないのか?
  3. 不足を埋めるために、何をあきらめたいと思っているのか?

この3点を明らかにした上で、不足分を埋めるためにいくら必要かを提示すべきでしょう。

それが一つも明確になっていないのに、とりあえずお金が必要だから取りやすいところから取るというスタンスが支持されるとは到底思えませんが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

復興増税について考える

7月29日に政府が東日本大震災からの復興基本方針を決定しました。

内容についても総花的で効果が期待できるかどうかはなはだ疑問ですが、これらは実施の巧拙で変わってくるので現時点であまり文句を言っても建設的ではないので、ここでは、予算の大枠と手当ての仕方について考えてみたいと思います。

1.予算の大枠

今後5年間を「集中復興期間」と位置づけ、19兆円を投じることになっています。ざっとならすと年間4兆円弱ですね。

疑問なのは、それではこの4兆円で何が具体的に出来るのかが良く分からないこと。お金がかかりそうなものをまとめてみると、

  • インフラ整備(公共工事ですね)
  • 雇用対策(補助金ですね)
  • エネルギー関連(助成金でしょうか?)
  • 地域経済再生(融資)

目新しいのはエネルギー関連(再生可能エネルギー促進とエネルギー戦略の見直し)くらいで、それ以外は字面だけ見ればこれまで繰り返し言われていたものとなんら代わり映えしません。(笑) 具体的にどの項目にどれくらい突っ込むのかはまったく触れられていないので良く分かりませんが、おそらく大半はインフラ整備ではないかという印象ですね。

2.手当ての仕方

民主党と政府との間でのやり取りでうやむやになっていますが、10兆円は増税でというのが基本線のようですね。

直近の世論調査などを見ると、増税に好意的な意見が半数以上のようです。個人的にも意味のあるものであれば是非応援したいとは思いますが、本当に追加で10兆円が必要なのかどうなのか、これについては是非慎重に検討していただきたいと思います。

民主党政権になり大幅に見直されたはずの公共事業費ですが、それでも約5兆円が年間予算になっています。復興予算への振り替えも議論されているようですが、それでもたったの5%。民間企業であれば、真っ先にここから大幅な振り替えを行うところですが、なんとも動きが頼りない限り。本来であれば、

  • 公共事業費から2兆円を東北へ重点配備し、他の地域の人に我慢してもらう
  • 5兆円の公共事業費に加え、東北に復興予算として追加でお金を使うからその分増税を受け入れてもらう

という2つのオプションを提示し、国民のコンセンサスを得るというのが政治の目指すべきあり方だと個人的には思いますが、このあたりを示さずに、増税の議論に入ってしまうのが今の日本の政治クオリティなのかもしれませんね。

他に論点になりそうなものが公務員人件費。年間大体27兆円が支出されています。元々ここにメスを入れることになっていたはずですが、その議論は一体どこへ行ってしまったのかは置いておいて、この際、自治体の枠を超えて業務をやり繰りすることで、復興に関わる人件費分を吸収するという考え方も個人的には十分ありだと思っています。

単なる賃金カットや人員削減ではなく、復興関連で業務が増えるでしょうから、それらの業務を今居る国家公務員や地方公務員で吸収することで、外部に発注する仕事量を減らすという考え方ですね。

普通の民間企業であればきわめて全うな考え方が何故、政治家や有識者といわれる人たちの議論の中から出てこないのか不思議でなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月30日 (土)

東日本大震災からの復興について考える

東日本大震災からほぼ50日が過ぎました。復興について本格的に考える段階に入ったということで、政府や政治家、メディアでも様々な議論が進んでいるようですが、断片的に見聞きすることから判断すると、どうも包括的で建設的な議論が進んでいるようには思えません。

例えば、

  • まだ何が必要なのか決まらないうちから財源の話が議論されている。
  • 地元のニーズよりも理想論を優先させるようなアプローチ
  • 長期的な課題(財政赤字・年金問題)と短期的な資金需要をあえて混同させているとしか思えない増税論
  • 各省庁の利権が見え隠れする提言などなど

このままだと結局、スピード感なくだらだらと、妥協の産物で非効率的な施策が実施されることになりはしないかと懸念しています。

企業経営的な目線で考えると、以下のような視点で整理して、対応策を立案し、それを粛々と実行するというのが王道だと思いますが、政治や行政の世界は全体像が見えきれない中での意思決定は難しいのかもしれませんね。いずれにせよ、早急に方針が固まり、実効性の高い施策がスピーディーに実施されることを希望します。

SF的復興構想

1.社会インフラ

道路や橋、鉄道、港湾は通常の社会資本整備の一環として、国の公共事業費の重点配分で整備する。公共事業予算の中の組み替えなので、財源面では短期的な資金需要はともかく手当て不要のはず。必要なものを特定し、早急に着手する。

2.仮設住宅

住宅メーカー利権が絡んでいるのかもしれませんが、土地が手当てできる目処が立っていない中、何故仮設住宅だけで対応しようとしているのか理解に苦しみます。民間や公的賃貸住宅を期間限定で借り上げて、家賃は全額国負担。家賃を受け取る大家さんへは、家賃分を積極的に消費に振り分けてもらったり、復興への寄付をおねがいしたりすることで副次的な経済効果も期待できます。(笑) また、仮設住宅の設置や手配にかかる工事業者さんや地方自治体の労力をセーブし、その分社会インフラ整備や本来の公共サービスに重点的に使ってもらえるというメリットも考えられます。

3.事業再生

産業構造転換の好機なので、計画的で大掛かりな資本投下が必要かと考えます。いろいろなアプローチがあるかと思いますが、SF的には農業、水産業、商業、工業を受け持つ4つの事業体をつくり、地方自治体、各協同組合、震災以前に従事していた方々、民間企業、個人投資家から出資(1400兆の個人金融資産の有効活用)を募り、未来志向のビジネスを創出する。事業が立ち上がるまでの従事者の生活費は公的負担でまかなうが、それ以外は基本民間のストックから手当てすることで財政出動を抑制するとともに、産業の活性化を期待する。

4.津波対応の街づくり

地元の意向や権利調整等もあり、完成まで長期の時間が必要でしょうから、じっくり議論してから決めればよいかと思います。数ヵ月後に方向性を出すことに意味があるのかは個人的には疑問です。事業再生の方向性を重要なインプットにするべきでしょうし、設計図の完成までは何度か修正が必要かと・・・ 

5.原発問題

色々な見方や意見はあるでしょうが、個人的には東電はよくやっていると思います。長長期では分かりませんが、当面原発が発電の主力であることに(急激な技術革新がなけらば)変わりはないでしょうから、福島の沈静化と他の原発の安全対策を粛々と進めることが肝要でしょう。

安全対策は言うまでもなく非常用電源の多重化と万が一の電源喪失に備えて復旧用の作業ロボットの開発、放射性物質除去プロセスの確立が喫緊の課題でしょうからそれらを粛々と進めるべきだと思います。

福島の沈静化に関しては、私見ですが、政府は口を挟みすぎかと・・・ 対策は専門家に任せ、補償をどうするかについて建設的な議論を促進させることにリーダーシップを是非発揮していただきたいと思います。そもそも安全基準を決め許認可権限を握っているのですから、責任を東電に押し付けようとする姿勢や、一私企業のリストラにまで口を挟むのは筋違いと指摘しておきたいと思います。補償の負担は東電、国、福島県、受益者としての東電利用者で分担するというのがあるべき姿と考えますが、このあたりの方針を提示することが政府に今求められていることなのではないかと感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年4月11日 (月)

にゃん太郎さん

我が家の序列第一位。

通称「にゃん太郎」ことキャバリアのリキです。

Img_0875

2003年6月14日生まれのアラ8歳。

好きなもの

ごはん、おやつ、家族で散歩、なでてくれる人、鳩、草・・・

嫌いなもの

歯磨き、爪きり、トリミング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太り過ぎ??

愛犬の「にゃん太郎」さん。

Img_0867_1

最近、散歩の途中で久しぶりにあった人から、「立派になって~」というご指摘が・・・

そう言えば、心なしか、抱き心地が重くなったような・・・(=´Д`=)ゞ

予防接種で出向いたいつもの獣医さんのところで体重を量ると、なんと、8.6キロ!

確かこの前まで7キロ+だったはず。

おやつの与えすぎには、気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

「二つはムダ」はムダでしょう(苦笑)

民主党の蓮舫さんが、消費者庁大臣室を仕分けとは・・・( ゚д゚)ポカーン

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110123-00000833-yom-pol

これ、パフォーマンス以外の何物でもないでしょう。

大臣室ーー>会議室へのリノベーション費用と大臣が替わった際の再リノベーション費用を上回る経済的利益をどのようにして捻出するつもりなんでしょうか?

物理的に場所をどこかに貸すなり売却するなりするのであればともかく、場所はそのまま維持するのであれば仕分けしても費用削減にはならないと思うんですけど・・・

民間企業なら普通企画段階でNGかと。

まさか、今後噂されている都知事選に出馬なんて話はないと思いますが、ちょっとセンスを疑いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月29日 (水)

年末恒例シーバスゲーム

年末の恒例行事にしている釣り納めのシーバスゲーム。

三浦半島の某所へ出撃してきました。

昨日チェックした天気予報では、昼間は南西が強いものの夕方からは北に変わり、風力も弱まるとのことだったので、南西をモロに受けるポイントに狙いをつけて午後3時過ぎに現地到着。

風がまともにあたっているので人も少ないと思ってましたが、ポイントにはメジナ狙いの人が数名。

日没とともに、先行者が帰った後は貸切状態。但し、天気予報とは裏腹に相変わらず7-9メートル程度の南西の風が続き、雰囲気は磯ヒラ狙い・・・

風に邪魔されて思うようなキャストが出来ない状態でしたが、一番潮当たりの良さそうなポイントで都合5バイト、3ヒット、2ゲットと楽しい時間を過ごすことができました。

ランディングした2匹は70センチと65センチ。サイズは今一でしたが、産卵前のデップリしたキレイな魚体でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

iphone 続X3 ついに入手

香港からの輸入途中で行方不明になっていたiphone

デリバリー担当業者さんが2週間探しても発見できず・・・・

そこで、業者さんに替わりの商品を手配してそれを届けてもらうことになりました。

当然入手にも時間がかかり、結局手元に届いたのは11月の3日。(;´д`)トホホ…

オーダーしたのが9月の24日だったので、ほぼ6週間かかってしまいました。

その後は自宅の無線LANとの接続にトラブり、先ほどようやく接続できるようになりました。

┐(´д`)┌ヤレヤレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

iphone 続々 行方不明?

香港の友人の出張からの戻りを待って、10月6日にキンコーズからFEDEXのデファードサービスで発送してもらいました。

トラッキングでチェックしたら金曜の朝に成田着。最新の状況を問い合わせたら、本日自宅に配送されるという回答を貰いました。

ところが、陸路の配送を受け持つ西○○○から電話があり、荷物が行方不明で現在探索中との連絡が入ってきました。

飛行機の荷物ならたまにはあるかなと思いますが、日本国内の陸路の輸送でロストとは信じられません ( ゚д゚)ポカーン

先方ではどこかの荷物に紛れ込んでいるので、連休明けには見つかるだろうとヌルイことを言っていますが、紛失の可能性もありそうな気配・・・

来週上海に遊びに行くので持っていこうと思ってましたが、難しいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«iphone 続